シモダユウスケ yusuke shimoda

tomboh

profile:
1961年北九州市小倉北区生まれ。
■グラフィックデザイナー/ITエンジニア/料理愛好家

1961年北九州市小倉北区生まれ。
地元工業高校卒業後、ローラースケートのインストラクターとして上阪。
1989年に前身となるグラフィックミュージアムを創設。
1991年(株)モノリスを設立する。
1999年、日本初の商用ヒューマノイド型ロボット「テムザック04」のボディデザインを担当。
2005年、次世代の無線LANの開発を目的とする大学発ベンチャー(株)レイドリクス 社長に就任。
2006年、欧州でブレイク中のPCの日本国内のマーケティングを担当。それなりの評価を受けるが、本業が疎かになり事業縮小。
2008年のリーマンショックを経て初心に戻り、ソフトウェア開発は少し抑えめにして、「日本の技術」をベースに物づくりを考える、デザイン、マーケティング業務にシフトした「アキツデザイン」プロジェクトを開始。
2010年、社会活動のムシが動き出して、一般社団法人コミュニティシンクタンク北九州 (略称:コムタンク)参加。朝市プロジェクトなど裏方でサポート。

編集者、イラストレーター、グラフィックデザイナー、SEの多彩な肩書きを持ち、その他、スナツエンジニアリングプロジェクト、IT系NPO、財団研究員などを経て精力的に活動中。また、料理愛好家の肩書もつけ始めた。
ニックネーム、イラストレーターなときの呼称は「tomboh」。

mail-image

facebook:https://www.facebook.com/yusuke.shimoda.16